自由気ままに・・・ ドライブ

いなべ市農業公園で見た、ハナモモ、そして猿の親子

(2017-04-26)

日本昭和音楽村から

本来の目的地へ移動しました

AoTl8VrgNua05z11493035057.jpg

やってきたのは、いなべ市農業公園です

こちらは東海エリア最大級

(↑こういう歌い文句、あちこちで見かけますw)

100種類・4,000本の梅が咲き乱れる楽園ですが

Y_MGh9F0Ra2JTl71493035150.jpg

当然、梅の花は終わっていました

xvk9aFDCN5RvsIX1493034803.jpg

2年前に、これくらいの時期にこちらに来た時は

梅の花が咲いてて、とても綺麗だったんですが

今年は、花の時期が早かったのでしょうか

緑の葉だけの梅の木が、ずらっと並んでいるだけでした

IL8oOnOy8n4CCMJ1493034702.jpg

しかし、梅の木が植えられたゾーンの隣

色鮮やかな花が咲くゾーン発見したので

なんだろ~~??と、車を移動させて来てみると

ハナモモが植えられてました

KASs6IJ6SdKwVzP1493035431.jpg

ハナモモの木の下には、札が立ててあって

「○○さんが植栽」って書いてありました

地元の有志さんが植えたものなんだと思います

市長さんの名前の立て札もありました



こういうのっていいですよね

ずっと先まで名前が残って記念になりますね



大きく成長したのもあれば、まだ小さい木もありました

次々植栽する人が増えて行ってるのかもしれません

hUESlNQOPWRF2e31493035242.jpg

こちら、いなべ農業公園は

梅の咲く時期は、多くの人が押し寄せて

静かな山の中が、大渋滞になりますが

この日は、人っ子一人居ませんでしたので

(あ・・・人じゃない、ある動物は居ました)

色鮮やかで可愛いハナモモの花を

ゆっくり見て回れました

cP36ON41ozQxxdR1493035318.jpg

これからも、ハナモモの木をどんどん植栽していって

(多分、増えていくと思います)

木が成長して花が咲いたら・・・

eSDYGIP5GdmHRRy1493037727.jpg

梅が咲き、ハナモモが咲く山の公園として

いなべ市の桃源郷って

呼ばれる日も近いかも・・・w

楽しみですね~~

yxM_WTBeI4szamN1493034613.jpg

人には会いませんでしたが

猿の親子に会いました

公園入り口付近で日向ぼっこしていました

ObvPyhNutuAkS8E1493037895.jpg

我が家のモッコウバラです

一昨年、小さな苗を買ってきて鉢に植えたら

昨年は、少しの花しか咲かなかったですが

今年は、沢山の花が咲きました




本当は地植えにしたいけど

地面に植えたら、どんどん大きくなって

お手入れが難しくなると思うので

敢えて鉢植えにしてあります

Z1TGJ54HgvbVWN21493035952.jpg

☆ポンちゃん情報

たまにですが

事務所の駐車場を歩いてるので

「ポンたん」って声を掛けると

1vWGh_TaO7z2gev1493036976.jpg

にゃお(か細い声)と返事をしながら

そばまで来てくれます

UUliP8rcmJDZUrR1493037049.jpg

カリカリ出してあげると

美味しそうに食べて、しばし休憩したあと

何処かに帰っていきます

少しずつですが、管理人に慣れてきています














FC2ブログランキングに参加しています

宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト


天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス