fc2ブログ
ドライブ 2012.12.07 (金)


三重県亀山市関町新所にある

東海道五十三次の47番目の

宿場町として栄えた関宿を

今回は、ふらり散策してきました

同じ県内なんですが

ここは三重から滋賀への通過点にあって

中々行く機会がなかったのです

いつでも行けると思うと、なかなか行かないものですねw

今回はここをメインに行って来ました

9edf92edaa3a0792fbb0fdce3f5ddcd8.jpg

4e6d9c0566808407b9a125e7cd0260ee.jpg

9b0108ef022a04b7cfc42905a58f3912.jpg

b4215026b26fb74c07738ee24c36505c.jpg

fc2b3ee9c2f55003fd86bb7be6347978.jpg

764453dce99fa4a29a591663c8873ab2.jpg

江戸時代後期から明治時代にかけて

建てられた町屋が200棟以上も現存してて

時代がタイムスリップしたようでした


4bf31e1f310e389e065b983c9ed2a384.jpg

『関地蔵院』



せきの地蔵さんに振袖きせて

奈良の大仏むこに取るの

俗謡で名高い関地蔵院

天平13(741)年、奈良東大寺で知られる行基菩薩が

諸国に流行した天然痘から人々を救うため

この関の地に地蔵菩薩を安置したと伝えられています



この本尊は日本最古の地蔵菩薩で

関に暮らす人々に加え、東海道を旅する人々の信仰も集め

全国の数あるお地蔵様の中でも最も敬愛されていると言われています

境内の本堂、鐘楼、愛染道の3棟の建物は国の重要文化財に指定




関宿は、国の重要伝統的建造物群保存地区(昭和59年選定)や

日本の道百選(昭和61年選定)に選定されています




にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

宜しかったら

応援ポチお願いします

スポンサーサイト