fc2ブログ
ドライブ 2013.11.06 (水)

伊賀上野城を散策して

次に向かったのは蓑虫庵です

芭蕉翁の門弟 服部土芳の草庵で

貞享5年(1688)3月草庵開きの祝いとして

芭蕉翁が贈った句

「みの虫の音を聞きにこよ草の庵」に

ちなんで名づけられた蓑虫庵

IMG_8223.jpg

服部 土芳(はっとり とほう)

明暦3年(1657年) - 享保15年1月18日(1730年3月6日)

江戸時代前期の俳人であり

松尾芭蕉と同郷の後輩で

蕉門十哲の1人に加えられることもある

芭蕉晩年の俳論を整理した『三冊子』などの著書を残した


伊賀上野に生まれ

本名は保英、通称は半左衛門

藤堂藩士・木津三郎兵衛保向の三男に生まれる

服部家の婿養子となり藤堂藩に出仕する

幼いころに芭蕉に俳諧を学び

はじめ蘆馬(芦馬)と号した

貞享2年(1685年)、水口宿(滋賀県)で

旅の途中の芭蕉と20年ぶりに再会し

翌年、藩を致仕して俳諧に専念する


IMG_8224_201310302038252ee.jpg


IMG_8228_20131030203828d0d.jpg


IMG_8234.jpg


IMG_8239.jpg


IMG_8243_20131030203847c8d.jpg

芭蕉堂

昭和5年(1930)12日

滋賀県大津市膳所義仲寺芭蕉堂にならい建立されました

堂内には、舟仙作芭蕉像を安置し

脇侍に服部土芳の位牌を祀っています。




IMG_8238_201310302038188f0.jpg

お城周りを散策してたときは

土砂降りの雨だったんですが

こちらに来たらカラッと晴れてきて助かりました

が・・・・・ここでも蚊の襲撃にあい

参りました・・・(滝汗)

足を見たら3匹の蚊が刺してました




securedownloadいけにゃん


どっきゅ~~ん♡







スポンサーサイト