fc2ブログ
ドライブ 2014.06.16 (月)


折角明和町に来たので、ついでに(?)

明和町斎宮歴博物館にも寄ってみました

IMG_2857_20140610120442d7d.jpg

IMG_2856.jpg

IMG_2835.jpg

博物館は、3つの展示室からなってます

まずは、映像シアター

斎宮の歴史を見る事ができます

(ここでは、カメラ禁止なので撮影できませんでした)

IMG_2827.jpg

IMG_2822_20140610115103b14.jpg

IMG_2826.jpg

文字からわかる斎宮展示室

斎王制度が整い最も繁栄した平安時代を取り上げ

斎王が選ばれて伊勢に赴き、都に帰るまで流れを

『延喜式』(この時代に編纂された法令集で斎宮を知る基本史料)を

はじめとする文献史料を手がかりにして紹介されています

IMG_2840.jpg

IMG_2838_20140610123009170.jpg

IMG_2845_2014061011523255f.jpg

ものからわかる斎宮展示室

30年余にわたる斎宮跡の発掘調査が明らかにした斎宮の姿を

考古資料と模型により立体的・多角的に紹介されています









斎宮とは「いつきのみや」とも呼ばれ

斎王の宮殿と斎宮寮(さいくうりょう)という役所のあったところ

斎王は、天皇に代わって伊勢神宮に仕えるため

天皇の代替りごとに皇族女性の中から選ばれて

都から伊勢に派遣されました

古くは、伊勢神宮起源伝承で知られる

倭姫命(やまとひめのみこと)など伝承的な斎王もいますが

その実態はよくわかっていません。

制度上最初の斎王は

天武天皇(670年頃)の娘

大来皇女(おおくのこうじょ)で

制度が廃絶する後醍醐天皇の時代(1330年頃)まで約660年間続き

その間記録には60人余りの斎王の名が残されていました








スポンサーサイト