自由気ままに・・・ 2015年07月21日
FC2ブログ

福井の旅へ  一乗谷朝倉氏遺跡編

(2015-07-21)


一乗谷山麓の

復元された町並みを後にして

YfpicYKvrLieAfz1436965863.jpg

小川のような、お堀を眺めつつ

Q91t3cfOCnoXKAJ1436966447.jpg

やってきたのは

(綺麗な錦鯉が泳いでました)

c5d3316da7b0b4e611ffea045c400232.jpg

「唐門」

朝倉館跡正面の堀に面して建つ

幅2.3メートルの

唐破風造り屋根の門(向唐門)です

BRBUAhS0oB3nw8v1436965986.jpg

「朝倉館跡」

一乗谷の中心部に位置する

朝倉家当主が居住した

館史跡なんです

4udGHFgidYM6Qd11436967045.jpg

東の側後背に山城があり

西、南、北の三方を高さ1.2メートルないし3メートルほどの土塁

その外側を幅約8メートル、深さ約3メートルの堀で囲んでいて

三方の土塁にはそれぞれ隅櫓や門がありました

pmbrJpNYul3oQqw1436966103.jpg

平坦部の面積は約6,400平方メートルあり

内部には17棟の建築物があったそうです

IEfbo3L8kU8NcaU1436966354.jpg

館内最大の常御殿(東西約21.4メートル、南北約14.2メートル)を中心に

南側には主殿や会所・数寄屋・庭園・花壇など接客用の施設群が

北側には台所や持仏堂・湯殿・蔵・厩など

日常生活のための施設群が存在してました

建物はすべて礎石に角柱を立てて建てられており

屋根はこけら板等を葺いていたと考えられていますが

鬼瓦や棟石等も発掘されています

舞良戸や明障子などの引き戸を多用し

畳を敷きつめた部屋も多かったとされています

ebR2KC7_RTTgnj31436966218.jpg

花壇跡

1968年(昭和43年)に常御殿の南側中庭で

花壇の遺構が発見されました

東西9.8メートル、南北2.8メートルの長方形をなし

花粉分析等により、春にはシャクナゲやボタンなどが

秋にはキクやハギなどが植えられていたことが判明しました

花壇としては現在のところ、日本最古の遺構であるそうです

BzKt6KMbpBZ4zfO1436966912.jpg









宜しかったら

応援クリックお願いします!
スポンサーサイト





天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物と自然が好きな主婦です♡
気の向くまま、色んなところに行って写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
職場にやってくるハナ君やグレオ君の様子を
面白おかしく紹介しています

宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス