fc2ブログ
ドライブ 2017.01.26 (木)


rFXY1uODOvHWLpW1485180420.jpg

七里御浜


三重県・熊野市から和歌山県・新宮市にかけて

7里(約25km)続く浜、目の前は熊野灘です

江戸時代、伊勢神宮を参拝した後

熊野詣するのがコースになっていました

伊勢からいくつもの峠(熊野古道・伊勢路)を通り

最後の松本峠頂上に着くと目の前に広がるのが

新宮・熊野速玉大社まで続く七里御浜です

UROpQZp4R0xXsdG1485180631.jpg

七里御浜を歩いていると

人の顔のような岩がありました

なんとなく、インディアン風な人っぽくないですか?w

そして、その向こうには

32IN1rTEJk5USoO1485211505.jpg

獅子岩があります

世界遺産、そして天然記念物及び名勝の「獅子岩」

地盤の隆起と海蝕現象によって生まれた

高さ約25m、周囲約210mの奇岩です



向こうに見える小山の麓が

今回通れなかった鬼ヶ城遊歩道です

tiGch_7fQ5UVxWP1485180546.jpg

昔から南側に位置する神仙洞の

吽(うん)の岩(雌岩)に対して阿(あ)の岩(雄岩)と呼ばれ

井戸川上流に位置する大馬神社の狛犬として敬愛されています

このため、大馬神社には今も狛犬が設置されていません

ieM2tXGTtyzj8Dw1485180809.jpg

海に向かって吠えてるようです

迫力があって、とても立派な狛犬ですよね



先日テレビを見てたら

この獅子岩の事を取り上げて放送していたのですが

獅子岩に生える草のことでした

口になる部分の中に草が生えているのが変だと

(今は枯草になって目立ちません)

獅子は草を食べないし、景観が損なわれている!!

世界遺産に登録されているのに

もっとしっかり管理しないとと言うものでした



こういう場所、草を抜くのも大変なんでしょうね

草を抜く際、岩が崩れたら大事でしょうし

遺産を守って行くのって、つくづく大変なことですね

s8L1ifqq57pSGqw1485181068.jpg

南国ムード漂う棕櫚の木

xtEEmwUK9QLaPp01485181217.jpg

ツワブキの花が綺麗に咲いていました



七里御浜は砂利浜です

浜の砂利といっても、南の珊瑚礁のように

海の中の珊瑚が打ち上げられてくる物ではなく

流れ込む川が何万年、何十万年と言う年月を掛けて運んだ物を

同じ長い時間を掛けて打ち続ける波が磨きながら運んでくる物で
 
とても、丸いつるつるした石が転がっているのです

面白い形の石や、綺麗な色の石を拾って帰る人も居るそうです













宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト