自由気ままに・・・ 2017年04月18日

不完全燃焼だった、馬見岡綿向神社参拝

(2017-04-18)


JFv8DJAL2rXV2Us1492343052.jpg

馬見岡綿向神社(うまみおかわたむきじんじゃ)にやってきました

日野まちなか通りから少し入った場所

木々に囲まれた神聖な雰囲気の場所に建っています

立派な鳥居の両側には満開の桜が咲いていました

7fFS187AWe2DSlp1492343160.jpg

鳥居の下には太鼓橋が・・・

nCm4i8AxBpOljMj1492343308.jpg

こちらの太鼓橋は渡れませんが

橋に掛かる桜が、いい感じで咲いていました

DWLK4W4pKaSV6gr1492347050.jpg

拝殿

dzfOSR77Vd9fSmo1492347157.jpg

御本殿 (滋賀県指定有形文化財)

御本殿の屋根は、昭和58年までは檜皮葺きでしたが

銅板葺きに張り替えられたそうです

K6d5GE0HonHanNb1492343484.jpg

絵馬殿

金色の燈籠がずらっと並んで輝いてました

OcLaAjGeBRzR2QP1492344032.jpg

欽明天皇6年(545)蒲生野の豪族二人が

綿向山麓に狩りに来ていた時、4月だというのに吹雪となり

岩陰で休んでいるとやがて雪は止んだので

外に出たところ大きな「猪」の足跡を見つけて

その足跡を追って行くと山頂に導かれ

綿向大神(天穂日命)の化身である白髪の老人から

「この山頂に祠を建てて祀れ」とのご託宣がありました

そこで、山頂にご社殿を建てて祀りました

以降、このお宮を、当神社の奥宮として

20年毎に社殿を造り替えて(式年遷宮)きました

このいわれから、「猪」が綿向大神のお使いとされているそうです

43iKJvMRHDYeYYm1492344593.jpg

UjKUMtOhoICuRtv1492344435.jpg

池之社(いけのやしろ)・出雲神社


池の橋の中央に建つ小さな社

五穀豊穣を祈り、併せて防火の守護神として祀られています

iJCTxszhRY5hfF71492344175.jpg

竃之神社、稲置三麿神社、玉椿神社

jirjZr_nCqX8dSp1492344337.jpg

WGFtquZdQ39XUBt1492346960.jpg

神明神社



*******************************************



馬見岡綿向神社は、滋賀県日野町の東にそびえる

綿向山の山頂に祀られている大嵩神社の里宮で

平安時代の初期延暦15年(796)

現在の地に移転されたとされています




壮大な境内には滋賀県指定文化財の本殿をはじめ

日野商人が寄進した立派な拝殿や絵馬殿・石灯籠・石橋などが ありましたが

生憎の雨で、ゆっくり境内を全て見て回る事が出来ず不完全燃焼でした

(こちらに来た時、益々雨足が強くなっていたんです)

いつかもう一度リベンジして、じっくり境内を散策したいです




毎年5月2・3日に行われる

日野祭(県指定無形民俗文化財)は

この神社の春の例祭だそうで

16基の山車が、この神社に集結して町内を練り歩くそうです

素晴らしいでしょうね~

是非、この目で見てみたいものです














FC2ブログランキングに参加しています

宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト


天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス