fc2ブログ
ドライブ 2018.06.25 (月)

丹生大師の里では

毎年6月に紫陽花祭りが開催されます

山間の小さな町(村)も、この日ばかりは

県内外からも人が集まって大変賑わうのですが・・・

管理人は、そんな賑わいを避けて

お祭りの終わった翌週に

紫陽花を見に行ってきましたw

Ms17__z4ixas_M01529325825.jpg

地元の小学生が綴った俳句と紫陽花の絵

そして、地元の方が丹精こめて育てられた紫陽花の鉢植え

40u9ak0pKX2brve1529325935.jpg

沿道に、こんな風に展示されています

地元ならではの、ほのぼのした素朴な展示です

s_HBawcI7RRtoWx1529325906.jpg

木立の中、小道の脇も

zHNIcEG65GboEjN1529327355.jpg

紫陽花が飾られていて

花を添えていました

JKQNxNQx0uS712F1529327123.jpg

紫陽花の向こうは、休耕田を活かした

山からの清流を取り入れたビオトープがあります

BAXwcs37U03h30I1529327496.jpg

メダカ、おたまじゃくし、蛍などが放されています

夜には、美しい蛍の舞いも見られるそうです

N4Gpxs05ihMwRUr1529327427.jpg

ビオトープの周りには

色々な紫陽花が植えられていて

子供も大人も楽しめる空間になっています


小さなお子さん達は、おたまじゃくしを見つけて喜んでいました

最近は、なかなか見ることもないですもんね~

_fPMblNU8PEcfVR1529327296.jpg

管理人が紫陽花の写真を撮っていると

立派なカメラを持った男性が

「今トンボが羽化してるよ!」と教えて下さいました

そっと覗き込み邪魔しないように

一枚だけ写真を撮りました

おじさんは、トンボが飛ぶ瞬間まで

粘って撮影されていた様子でした

2deoNy9vOwV31r41529327199.jpg

丹生は、縄文時代から丹生鉱山とその近辺で

辰砂の採掘が行われていました

fOhMC4i5m0eiZyE1529327257.jpg

丹生鉱山に隣接する池ノ谷・新徒寺・天白遺跡からは

粉砕した辰砂を利用した縄文土器が発掘されており

辰砂原石や辰砂の粉砕用に利用したと見られる石臼も発見されています

さらに、40か所以上に及ぶ採取坑跡が付近から発見されており

辰砂の色彩を利用した土器製造と辰砂の採掘・加工が行われてました




こんな穴に潜っての採掘作業・・・・

想像できない過酷なものだったのでしょうね












FC2ブログランキングに参加しています

宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト