自由気ままに・・・ 2018年07月05日
FC2ブログ

真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ)  (2)

(2018-07-05)


derftDkNH4y9nsu1530450460.jpg

通天橋(つうてんきょう) 重要文化財

全長31,86m 幅6,79m 唐破風造 本瓦葺

御影堂と如来堂を結ぶ廊下です

両御堂の縁側にかかっているため高床、板張りで

柱間はすべて吹抜けとしています

柱の外側に床と同じ高さの縁側をとりつけ、その端に高欄を置いています

床下は柱に三手先の挿肘木を挿し込んで、この縁側を受けています

fLZiVUopPjzUYyV1530450623.jpg

屋根はいわゆる「照り起(むく)り」で、両端に唐破風をつけています

天上のあたりには細部に彫物を多用し

同一部材でも彫物の図柄や形に変化を持たせ

建物の単調さを防ごうとする工夫が凝らされています

Qx2QdaXeLaR2Z151530451044.jpg

如来堂の昭和大修理を実施するにあたり、全面的に解体し

修理完成後に復旧するという工事が行われました

その際天井裏から棟札が発見されました

それによると、寛政12年(1800)11月6日の上棟で

棟梁はそのころ名匠として知られていた

名古屋の伊藤平左衛門吉俊であったそうで

『高田史料』(松山忍明著)によると

享和2年(1802)に渡り初めが行われたそうです



専修寺の境内は、お体の不自由な人が参拝しやすいように

バリアフリーになっています

山門入ってすぐの所には、車椅子も用意されていて

誰でも自由に使うことができます

VOktEzTTUvze8l01530450945.jpg

通天橋には、エレベーターも設置されていて

御影堂と如来堂に入る事ができます

CkRdM1z08zlSQCn1530451342.jpg

鐘楼 しょうろう

国指定重要文化財

奈良東大寺鐘楼に似たイメージで

平成5年から行われた大修理において

棟瓦から正徳3年(1713)の刻銘が発見されたので

そのころ再建されたものと思われます

wowQ8lSRZjqnQOQ1530451183.jpg

高田本山専修寺の象徴ともいえるのが「蓮」です

sJ9E3MxGjRPoT2n1530451300.jpg

高田本山専修寺には

蓮池と135鉢程の蓮鉢があり

gNmtHovgif5cvGh1530451471.jpg

敷地内では様々な種類の

蓮を楽しむことができます

pAbxnovkvBk8w6H1530451527.jpg

蓮の種類:約35種類

6eu7h7wF8R9WqVv1530451153.jpg

御堂を飾る蓮を美しく咲かせ続けるために

40EaHKORC3mcxpV1530451379.jpg

こちらではオーナー制度をとっています

高田本山を彩る蓮のオーナーとして

一年間育てる事が出来ます



行った時期が少し早かったようで

咲いてる蓮の花は少なかったですが

美しい花に魅了されて帰ってきました














FC2ブログランキングに参加しています

宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト


天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス