自由気ままに・・・ 安乗埼灯台資料館

安乗埼灯台資料館

(2013-10-01)

日本の名作映画

「喜びも悲しみも幾年月」の

舞台になった安乗崎灯台

IMG_7523.jpg

芝生広場の片隅

IMG_7522.jpg

安乗崎灯台資料館があります

IMG_7554_2013092822595774b.jpg

灯台の形の建物なんですよ

入場無料なんですw

IMG_7549.jpg

IMG_7550.jpg

灯台の絵画が飾ってありました

IMG_7556_20130926223749ded.jpg

絵画の場所発見

見事ですよね~

IMG_7524.jpg

回転式フレネルレンズ

フレネルレンズは

通常のレンズを同心円状の領域に分割し

厚みを減らしたレンズであり

のこぎり状の断面を持つ

分割数を多くすればするほど薄くなるため

材料を減らし軽量にできる一方

同心円状の線が入ってしまう欠点や

回折の影響による結像性能の悪化が顕著になる

そのため、薄型化が特に有利な用途や

回折の影響を無視できる照明用などに用いられることが多い

IMG_7525_20130928230417e58.jpg

フランスの物理学者

オーギュスタン・ジャン・フレネルによって発明されました

当初、フレネルは、灯台用にこのレンズを設計しました

灯台用レンズは巨大であるため

通常の設計では厚みがかなり大きくなり

原材料費が高い!重量が重くなりすぎる

製造に手間がかかることから

このレンズを考案したと考えられています

IMG_7526.jpg

IMG_7528.jpg

木造8角形の旧安乗灯台

3分の1のミニチュアが飾られてます

可愛い~~(*^m^*)








スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

灯台の資料館ですか。珍しいですね。
ん?タダですと!?
そちらでは珍しくないのかな!?
こちらには、なんせ灯台どころか海そのものが無いので
興味深々で拝見させていただきました。
景色もすばらしいですね~!
海行きた~い^^

安乗埼灯台資料館、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
眺めて、心和みました。
ありがとうございました。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
応援ポチ♪♪

由乃さんへ
お早う御座います今起きたよ。

おはようございます
大きな、フレネルレンズですね
私も昔はフアィンダーに、このレンズの付いた
カメラを使った事あります 懐かしいです  
燈台の絵、素敵に描けてますね  P

燈台のレンズってすごく迫力ありますよね。

構造というか造りというかさすが遠くまで照らすだけのことはあるなというものをいつも感じます。

おいら岬の燈台守よ~♪
の、舞台になったところでしたか
ミニチュア、協会の結婚式場みたいですね
挙げられるものだったら・・・って、もお、遅い^^;

おはようございます♪
灯台資料館に展示してある絵画も
ステキですね。
レンズは初めて拝見しました☆~

おはようございます♪

此処が映画の舞台になった灯台なんですね。
絵も素晴らしい~
夕陽を入れてこの景色を撮りたくなります(^^♪

応援ポチッ☆

おはようございます。

灯台の形をした博物館ってかわいい~♪
凄く臨場感のある油絵ですね!
絵心がまったくないので、ただただ感心です。

おはようございます
白い灯台 岸壁の上
すごいですね
そして どれも これも 美しいですね

こんにちわ。

フレネルレンズって、二眼レフのカメラのファインダーに使われています。
現代でも、薄いカードくらいの虫眼鏡がありますよね。

おはようございます

入場無料、ありがたいですね(^_^)
応援☆

灯台のある海の景色って、私も大好きです
海と空の青と、建物の白のコントラストが見事です
素敵なところにたくさんお出かけしてらして、羨ましいです~

おいら岬の~♪ですね。
灯台の絵の場所本当にそのものに出会えて
感激ですね。

灯台は絵になるし好きな建物です。
素敵ですね~

(*・д・)ノ*:゚★おはようございます☆・゚:*:゚
「喜びも悲しみも幾年月」名作・・・良く分かりません(*'‐'*) 笑^^
安乗崎灯台の説明を詳しくありがとうございました。
灯台の風景は絵になりますね。☆ъ(*゚ー^)v♪
応援ポチッ☆彡

いつもご訪問いただきまして温かいお言葉・応援ポチッ☆彡を
°・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・°ございます。

おはようございます。
灯台にて使われたレンズの見た目から
それによる歴史の鏡を映し出されているのは
確かだと言えますね。
ランキングと拍手に応援

おーいら、みーさーさきの~♪
あの歌が聞こえてきそうですよ。
そうでしたか、貴重な資料がみれて
ラッキーでしたね。しかも、無料。

発明したフレネルさん、凄い方だ~
今では普通の事でも最初って大変ですもんね。
こんな貴重な資料館が無料なんて!!
由乃さん、良かったですね(^^)/

灯台の絵画は油絵かな?
岩に当たる波の感じが良く描かれてますよね。
由乃さんたちが行った時の
この空の色がきれいなコト!
青い空に白い灯台が映えますね。
灯台のミニチュア可愛いww
なんだかおとぎ話とかに出てくる家みたい^^;

灯台の絵画、ほんまそこだね^^
波しぶきがいい感じだわ。
こうやって素敵な絵画かけるって
羨ましい限りだよね〜

「喜びも悲しみも幾年月」って♪おーいらみーさきのぉ~♪
という主題歌の映画ですよね。
本編をちゃんと見たことはないけれど、何となく知ってます。
うろ覚えなんですが、嵐の夜に難破しそうな船を夫婦の灯台守が
正しい方角に導こうとするのがクライマックスじゃなかったかな。
「嵐の海」の場面が怖い感じだった印象があります。
↑の絵の一枚目の方も何となく嵐っぽくないですか?
由乃さんの写真の様な天気なら、灯台も静かな海に映えて
ホントにきれい。

^^

こんにちは。

灯台の中ってなかなかはいれませんものね。

大迫力です♪。

応援p

灯台の絵と同じ場所、よく見つけられましたね!
私だったら、全然気付かないかも(*≧m≦*)
灯台のあのライトは、試行錯誤の末に専用に
発明されたものだったのですね~。
今はもっと技術が進んで違うものなのだと思いますが、
それでも、その当時、いろんな問題点をクリアしながら
開発されたというのはすごいことだなぁって
感心しながら拝見しました(*^^*)
うんん、ミニチュア灯台、可愛いですね(^-^)
実際に見てみたくなりました★

由乃さん

こんにちは
ランキングにポチ!です。

「喜びも悲しみも幾年月」と言う映画のモデルになったところなのですね。
知りませんでした。
今は何処も無人ですが
昔は人が生活して操作していたのですね。
特に海が荒れたときや寒い冬は大変だったと思います。

灯台のレンズって大きいですね。
こんなに近くて見る機会もなかなかないですよ。
貴重なものを見せていただきました。
ミニチュア灯台 可愛いですね♪

ここですか!
何度も見た映画の舞台!

難しいことは分りませんが、随分工夫されたレンズなんですね!

1枚目の写真がとても素敵です!

~ぽち

「喜びも悲しみも幾年月」の
舞台になった安乗崎灯台というのは
初めて知りました。
いろんな歴史が感じられますね!

こんばんは☆

白い灯台、素敵ですね♪
絵画描いちゃいますね、これだけの景観だと^^
灯台の中にミニ灯台があるんですか?お洒落ですね〜☆

こんばんは^^
3分の1の灯台、可愛いですね(^v^)
レンズも写真から重量を感じます!立派ですね(^O^)

「喜びも悲しみも幾年月」…
主題歌は記憶にありますが
話の筋は全然覚えていません。

子供の頃なんて
怪獣映画ばかり見ていたしなぁ…

応援ぽち

映画の舞台でしたもんね☆
絵画と同じ風景、全く一緒ですね☆★
絵になる本当に素敵なスポットですね♪

フレンネルレンズは、そうなんですね☆

3分の1のミニチュアも可愛らしいですね♪

見に来ていただいて、コメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス