自由気ままに・・・ 浅井歴史民俗資料館

浅井歴史民俗資料館

(2015-07-01)

滋賀県の湖北に位置する

滋賀県長浜市大依町に

浅井の歴史、文化を守り伝えようと

資料館は平成七年に開館致しました


IMG_2081.jpg

これ↑は、『糸姫の館』です

町内で江戸中期から盛んに行われるようになった

養蚕と糸とりの歴史や仕事振りを

明治期の農家を再現しています

IMG_2104.jpg

娘さんが、繭から生糸をとってるところです

IMG_2108.jpg

浅井は良質の座操生糸の産地として広く知られ

主に邦楽器原糸として使用されました

(琴や三味線の弦など)

賤ヶ岳の合戦で有名な七本槍は

町内鍛冶屋で作られたものです


IMG_2082.jpg

鍛冶屋では鎌倉時代の頃から鍛冶が行われるようになり

その鍛冶場を復元したものが

ここ↑『鍛冶部屋』です

IMG_2087.jpg

本物さながらの人形ジオラマを中心に

鍛冶道具も古くから使用されてきたままに

鍛冶の歴史と仕事振りを紹介しています


IMG_2086.jpg

鍛冶の道具


人形がリアルで面白かったです








宜しかったら

応援クリックお願いします!
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

子共の頃 同級生の家では 蚕を育てていました
遊びに言ってはよく見せてもらっていたこと
思い出します
イモムシみたいなのが 葉っぱをムシャムシャ 勢いよく食べる姿
今 思い出しても凄かったなぁ~と思います

No title

おはようございます。
写真を撮られた場所を目にすると、
昔の生活スタイルの鏡を
模型として伝えている風景がありそうです。
ランキングと拍手に応援

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

寝坊です
応援☆

No title

号の母の実家ではお蚕さんをそだてていたそうです
その実家の近くに生糸などの展示場があって
母といっしょに行きましたよ
すでに認知症がすすんでいた母でしたが
当時をなつかしんでシャキンとしていろいろ話をしてくれたのをおぼえています
そして父(号の)は鍛冶屋でした
もし、母が健在だったら糸姫の館と鍛冶屋さんで
なつかしいがいっぺんに来たと思いましたね(⌒-⌒)

おはようございます。

おはようございます。由乃さん

当時のことがよ-く伝わりますね-。


応援のポチです。

No title

最近できいたところでしょうか。
立派なかやぶきがいいですね~
昔、近所でも繭からの糸繰りをしていたのを
覚えています。

懐かしいですね~
昨夜からの雨に風が加わって大変な日になっています。
そちらはいかがですか。

No title

おはようございます♪
茅葺き屋根の家って
風情がありますよね。
その土地の歴史を
こうして見れるのって嬉しいですね(*^_^*)
☆~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます。

「糸姫の館」何かとてもロマンテイックな名の館です、
繭から生糸にするのは娘さん達の仕事なんですね。
鍛冶の歴史など珍しい物を見させていただきました。

No title

小学生時代に蚕がはやって、どこから手にいれたのか
蚕を飼っていました。
でも、蚕の食べ物であるクワの葉を探すのが大変だったことを思い出します^^

こんにちは♪

歴史や文化を後々まで伝えていくための資料館は
大切な役割を果たしていますよね。
人形を使っての再現は、とてもわかりやすく
親しみも感じます。
大勢の方々に見学してもらいたいですよね。
私も見てみたいです。
☆応援シマス♪

No title

人形でその時の再現をしたらすごく分かりやすいですね。
私が昔、子供たちを連れて行った記念館にも人形がいま
した。
たまにリアルで小さい子供には怖かったりするけど(^^;

No title

小学校の理科の授業で蚕を育てる
というのがあったのを思い出しました。
それも1人1匹。
蚕の肌(?)はひんやり、スベスベで
何か触り心地が良かったなー。
でも大食漢で凄い音を立てて食べる。
まさにモスラ~~♪
糸取りは結局せずに孵化させました。
繭から糸を取る作業は、ちょっと…。

こんにちは

最近の人形はよくできていて
展示品 びっくりする時があります
あからさまな人形も 笑えるけど^^

No title

小学生の時、理科の実験で蚕を教室で育てていました
校舎の裏に桑の木があって、葉っぱを取るついでに実も食べたっけ…

今と違って、すべて手作業だったんですよね
昔の人ってすごいな~って思います

No title

糸姫の館や鍛冶屋が復元された資料館は浅井の歴史を伝える重要な館ですね。
日進月歩の現代文化のルーツは大事に保存したいですね。
今日は今年後半のスタートの日、なんか気も新たになります。
~☆

No title

当時の暮らしや仕事ぶりがよく分かりますね。
生糸が楽器の弦に使われてたとは知りませんでした!
鍛冶部屋のお人形、今にも動き出しそうですね!
鉄を叩く、良い音が聞こえてきそうです(^-^)

田舎が養蚕農家だったので、拝見して何となく懐かしい気持ちで見させていただきました(^_^)☆
お人形さんが、本当にリアルにできていて、すごいですね☆★

見に来ていただきコメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★

こんばんは☆

歴史の展示物、いろいろ勉強になりますよね^^
なかなかリアルな人形も当時の雰囲気を演出するのに一役買ってますしね^^
閉館後、暗闇の中で見たら結構怖いかもしれませんが(汗)☆

^^

こんにちは。

道具。。の展示も綺麗にされていますね。

行ってみたくなりますよ。

ぽち。

こんばんは

藁葺きの屋根、良いですね~~
平成に建てられたと言うことは博物館なんですね^^
ジオラマがあるんですか!
ジオラマが好きな僕達、興味津々です^^

No title

このあたりが浅井家の拠点だったのでしょうか??

浅井三姉妹の運命って
時代に翻弄されたという気がしますねぇ。

(「江」は面白くなかったけど…)

応援ぽち

No title

蚕から昔ながらに糸をとるのは、見た事あります。
ここのは良く作られてますね。
鍛冶屋の人形も今にも動きだしそう!
この様な資料館はとてもいいですね。

No title

ホントにリアルだ~w
人間かと思いました。

こういう場所、見学するの大好きなんです。
昔の暮らしは興味津々だけど
現代に産まれて余暇あったと思いますw
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス