自由気ままに・・・ 虎渓山周辺散策

虎渓山周辺散策

(2016-09-10)

虎渓山永保寺を散策し終えたので戻る事にしましたが

こちらに来る道すがら気になっていた

永保寺すぐ隣に建つ鮮やかな朱色の山門にも

立ち寄って見ることにしました

JK4bEL6GZQepmNG1473159458.jpg

まるで竜宮城みたい(見て感じた感想)

鮮やかな朱色の山門が目に眩しかったです

こちらは、保壽院(ほじゅいん)

臨済宗南禅寺派の禅宗寺院です

虎渓山永保寺の塔頭(たっちゅう)寺院の一つらしいです

1erohn1Ee5PwJRG1473159626.jpg

☆塔頭(たっちゅう)とは?

禅宗寺院で、祖師や門徒高僧の死後

その弟子が師の徳を慕い

大寺・名刹に寄り添って建てた

塔や庵などの小院のことです


kotaAgq8rnnj3vm1473159558.jpg

境内に入ると、蓮の鉢が置かれていました

花は終わっていました

じっくり見てる時間がないので

写真だけ撮影させていただきました

RaIk6ynuh2ftwIJ1473159899.jpg

アブラゼミが木に止まって

夏を惜しむように、大きく鳴いていました

暑い日だったのですが

セミの鳴き声で、暑さが増して感じました

gSyQnKiGyOedA8A1473159717.jpg

白い土塀とモミジの道

日陰が嬉しかったです!!

_EO6uAtFPcPb9ts1473159822.jpg

fkzzI4FWHMGq62P1473160336.jpg

沿道沿いに不思議な空間がありました

お地蔵様、お釈迦様が祀られてて

飛び石が敷かれてました

なんだろ?っと思いながら歩いてると

m_Rb57H5uLXDe_A1473162544.jpg

「獅子吼庭」と

石碑に書いてありました

読み方も意味もわからないので

家に帰って調べたら



獅子吼(ししく)と読むそうで

「仏が説法する」の意味らしいです

庭を散策し、鳥の声、風の音を聴く事によって

人生の心理、正道を肌で感じ

心が大変癒する庭のことだそうです



こちらの狭い庭に

そのような意味が込められていたのですね

EzMBtXAh8lJ2ev11473162649.jpg

ご当地マンホール「多治見」です

絵柄は、多治見焼きと桔梗でした




以上、多治見へのドライブ編は終了です

最後までお付き合いいただきまして

ありがとうございました
















宜しかったら

応援クリックお願いします!
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

保壽院。。。 私も お写真を拝見した途端
竜宮城みたい♪って思ったら 由乃さんも 同じ事を・・・ww
鯛やヒラメの踊り見れそうな感じしちゃいました
飛び石 クロスの様に敷いてあり お洒落ですね

No title

保壽院。。。 私も お写真を拝見し
竜宮城みたい♪って思ったら 由乃さんも 同じ事を・・・ww
鯛やヒラメの踊り見れそうな 楽しい感じですね
飛び石 クロスの様に敷いてあり お洒落ですね

No title

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

いろいろ見て、楽しめました。
眺めて、ほっとし心安らぎました。

ありがとうございました。
応援ポチ♪♪

No title

竜宮城の様な山門から入って
和の世界や和モダンな世界
良いですね。
散策してても飽きない移り変わりが素敵!
応援!

今朝は久しぶりにそうちょうさんぽ

お早うございます(*^^*)

虎渓山周辺散策。。。あまり聞いた事は無いですが素晴らしいですね

こんなスポットを見つけられるって素晴らしいです

今朝 久しぶりに早朝散歩  5時ではまだ暗いです

今日は男性料理教室です  頑張ります

ポチ(*^^*)

保壽院

おはようございます。

本当に、竜宮城を思わせるような、鮮やかな赤色です。

獅子吼、初めて知りました。
そう言うことでしたか。

No title

ご当地マンホール、いいですね♪
いろんなマンホール、撮ってみたいです☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

蓮の咲く頃は、道の両側が綺麗でしょうね。
鉢植えの蓮は写真が撮りやすくていいですね。

獅子吼庭が身近にあれば、人生の心理、正道を
肌で感じ心を癒す修行をしたいものです。

No title

塔頭を「たっちゅう」と読めない人が
特に若い人には多いですね。

英語の勉強を小学生からさせるよりも
国語や日本文化を教えることに
もっと力を入れてほしいです。

応援ぽち

No title

おはようございます♪
鮮やかな朱色の山門も
絵になりますね。
厳かな雰囲気もステキですね(*^。^*)
☆~

朱色の山門は本当に竜宮城のようですね(^_^)☆
華やかな感じがとても素敵ですね☆★

ご当地マンホールは多治見を思わせるものなのですね☆
面白いですね(^_^)☆

見に来ていただきコメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★

No title

おはようございます。

ずいぶん、華やかな朱色の山門が目立ちます。
2枚目のいろんなカラフルな縦の線も綺麗です。

アブラゼミが一匹、大木に同化してしまったように
捕まって鳴いていますが、そういえば、今年は
アブラゼミを見ないうちに夏が終わってしまいそうです。

おはようございます♪

私も竜宮城みたいと思ってしまいました。
中は何があるんだろう?って
ワクワクしてしまうような山門ですね。
良い一日になりましたね♪
☆応援シマス♪

No title

おはようございます。

寺社仏閣巡りは奥が深いですよね~。
いつも後から由来等を調べますが、先に調べておくともっと興味深く見学できるんでしょうね^^;

マンホールシリーズもアルバムを作って整理すると楽しいでしょうね♪

応援☆

No title

保壽院の山門は丹塗りも鮮やかですが、五色(?)に塗り分けられた桟(かなー)が珍しくないですか。
こんなビビッドなのは初めて。竜宮城風というのも分ります。
屋根もちょっと反ってるし、どことなく大陸の方のお寺みたい。
獅子吼庭は京都や鎌倉のお寺でもよく見かけますね。
↑のお庭は違うけど、枯山水の庭に多いので、最初は獅子が吠えてる姿を模した石が置いてあるのかと思ってました。
仏教用語は奥が深いです。ってか深すぎて、ほとんど意味が分りません…^^;

No title

こんにちは。
綺麗な所ですね~
門の左側に咲いていたお花は何と言うのでしょうか。
北海道にはあるのかしら・・・

先日、ご当地マンホール特集のテレビが放送されて
いました。
色々なデザインがあって、面白いですね☆

No title

まだ新しく塗り替えられたものなのでしょうね。
凄く綺麗ですね~
説法を聞くという空間がまたなんとも言えませんね。

多治見焼きを見に一度行ったことがあります。

こんにちは

日本一暑い所で 有名な多治見ですね
朱色の山門 おとひめさまが
いらっしゃ~いって 微笑んでる所 
想像しました ( *´艸`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは~
鮮やかな朱色の山門、綺麗でほんと竜宮城のようですね~
白い土塀とモミジの道・・素敵なところなんですね~(^^)
P

No title

こんばんは~♪
朱色の山門、すごくキレイですね!
ほんと!竜宮城みたいです(*^_^*)

色鮮やかで素敵です。
きっと、私も激写するだろうなぁ~と想像しながら
拝見しました。

マンホールも、色んな特徴があって楽しいですよね♪

こんにちは。

応援します。
朝夕 庭仕事ができるようになりました。
ししくと読むのですね 何事も勉強ですね
有難うございました。

No title

1枚目 ホント 竜宮城のようですね
美しい♪
2枚目は まるで くれよんを並べたよう

最後のご当地マンホール 興味深く拝見させて頂きました
桔梗 可愛いですね
多治見焼 マンホールにもなるんですね

No title

鮮やかな色合いがきれいですね~
私も、竜宮城に見えました^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あら本当に竜宮城みたいですね。
私のイメージでもそんな感じです(*^。^*)
 
獅子吼庭って知りませんでした。
そういう意味があってのお庭なのですね。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス