自由気ままに・・・ 鹿をモチーフにした 九頭竜川鳴鹿大堰

鹿をモチーフにした 九頭竜川鳴鹿大堰

(2016-12-01)

永平寺の参拝を済ませて

次に向かったのは・・・

FPHb3xuj2apWQGl1480341252.jpg

永平寺の近くにある

九頭竜川鳴鹿大堰 (くずりゅうがわなるかおおぜき)です

ダム(堰)を見過ごすことはできませんから!

qA4rvrs_egCn8h81480341603.jpg

この地には江戸時代から農業用水の水源として

川の中に石積みの堰が作られていましたが

戦後、大がかりな農業用頭首工が建設され

昭和30年に完成しました

その後、頭首工が老朽化したこと

水道用の水需要が増大したことなどを背景に

建設省が多目的ダムとして再開発を行いました

それが、現在の九頭竜川鳴鹿大堰です

ei6zgRTR7iLEWRY1480341323.jpg

堰柱(せきちゅう)は、

堰の名称ともなっている鳴鹿(なるか)の

「鹿」をイメージしたものだそうです

全体的に、景観に配慮したデザインだそうです

二本伸びたのが鹿の角ってことでしょうか?

なかなか可愛いですよね

rXf1mX5R_KnlZvO1480341169.jpg

行った日は、改修工事をしていて

天端は通行禁止になっていました(残念です)

JC1G2fZrCaCubtx1480340872.jpg

九頭竜大堰から少し上流に

ピンクっぽい橋があったので行ってみました

LjnkDorSyH1RrA51480341401.jpg

ここは、九頭竜大堰を見学出来る展望台

誰でも自由に入ることができるので

渡って見ることにしました



橋の中央あたり、写真右側に階段があり

下りていくことも出来たので行ってみると

IPxpw7xkZGyZw7X1480342174.jpg

通路を挟んで(左)魚道と

(右)呼び水水路がありました

(魚道は堰の左右岸にあります)

ofCCgGeX_39ufMm1480342283.jpg

魚道は

階段式魚道(幅が広い方)と

人工河川式魚道(幅が狭い方)がありました

dplCAkoO54YXgP_1480342901.jpg

地下に行く階段があって下りると

魚道観察室になっています

TwSCyt9T33SyWi11480342475.jpg

階段式魚道の水中の様子を観察できます

今の時期は、魚はいませんでしたが

鮎の季節は、遡上する鮎が見られるそうです

b77iNG7FnECm2Rz1480342098.jpg

こちらは、呼び水水路

呼び水は魚道下流端脇から強い水流を出し

魚が流れに向かう習性を利用して

下流端へ誘導するものらしいです

bp122iWjPf57sPy1480343130.jpg

ダムカードも頂いてきました♪




☆ダムと堰はどう違うのか・・・?

調べてみました!簡単に言うと

河川の流水を貯留し、又は取水するため第26条第1項の許可を受けて設置する

堤高(=堤体の高さ)が15m以上のものを「ダム」

流水を制御するために、河川を横断して設けられるダム以外の施設で

堤防の機能を有しない

堤高15m未満のものが「堰」だそうです












宜しかったら

応援クリックお願いします!
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こう言うダムも珍しいですね
鹿をイメージした堰柱だなんて 可愛いですねww
ダムといっても 本当に色んな形があるものですね
九頭竜大堰を見学出来る展望台の地下にまで入れて
楽しそうですね♪

おはよう御座います

九頭竜川。。

よく覚えてないですが 演歌だったに有りますよね

男性歌手で・・

魚の道も造ってやらないと可哀そうですね

ポチ (^^)/

No title

おはようございます♪
ダムと堰の違い
勉強になりました。
清々しい光景ですね(*^。^*)
☆~

No title

おはようございます
随分ダイナミックなダムですね~
そうこれは昔なかなか読めなかったです。

石積をとありましたが今もその感じが残されていますね。

応援です☆

色々な仕組みがあるのですね☆
魚道を見られるのはまた面白いですね(^_^)☆

見に来ていただきコメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★

九頭竜川鳴鹿大堰

お早うございます。

立派な堰ですね。

長良川河口堰も、堰なのですえ。

No title

利根川河口堰も古いから
改修工事で新しくなってほしいなと思っちゃった。
構造は似てる感じです。
応援!

No title

おはようございます。

絶対にダムは見逃さない由乃さんですね(笑)。
鹿をイメージをした2本の角をもった石堰に
納得です。
ダムと堰の違い良くわかりました。

No title

またダムカードが増えましたね!よかったですね~(^o^)

こんにちは♪

天端が歩けなかったのは残念ですね。
でも行けば、しっかりとお勉強されて
帰って来るところは、さすがだな~と思いました。
私も暖かくなったら、近場にもう1つダムがあるので
行ってみたいです。
☆応援シマス♪

No title

このデザイン、変わっていて良いですね(*^.^*)
私、好きです。
違った場所から見られる設備もあるんだ!!
やっぱり寒いと魚、いないんですね(^^;

No title

船の形を模したのかと思ったら、鹿をイメージというのが面白いなー。
流線形っぽいところも周りの景色になじむように考えられたんでしょうね。
ダムと堰、もしかしたら作られた時代もちょっと関係するかもですね。
江戸時代とかはダム的なものを作る技術はなかったということで。
ところで、九頭竜川は流れが急なんでしょうか。
この魚道を上るのは結構大変そう・・・。アユ、頑張れ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ダムと堰のちがいってそうなんだ~
でもダイナミックなところは同じよね~)^o^(

No title

鹿をイメージしたダムも斬新ですが、
永平寺の次にダムを訪れるのも、
とても斬新です!

天気も良く、気持ちもスカーっとされた
ことでしょう ^0^/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ダムと堰の違いがよくわかりました(^^)

いい勉強になりましたよ。
覚えておいて
どこかで講釈しようっと。

応援ぽち

こんばんは。

水中の様子が見れるのは楽しいですよね♪
ここもカッコいいダムですよね。
ダムって日本にどれくらいあるのか調べてみよっと。

応援☆

こんばんは

ダムがあったら寄らないと駄目ですよね~~
変わった形のダムですね^^
いろんなものが見られるんですね!
凄く興味があります^^
ダムカードゲットですよね^^

No title

九頭竜川鳴鹿大堰、とてもデザインがいいですね。
鹿・・・見えなくもない(^^ゞ
 
魚道がきちんとあるところを見ると
やっぱりホッとします。
人の都合で作った堰ですもんね。
魚道観察室いいなぁ。
私そういうの大好き。

No title

こんばんは。
今回は思い切り「ダムマニア」な感じですね!
いい所ですね~。
やっぱり水を見ると癒さますぅ☆
とにかく暖かそうで羨ましい・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは☆

永平寺からダムとは(笑)相当攻めましたね^^
ダムと堰、勉強になりました。由乃さんに教えてもらわなきゃ気付かなかったかも☆

No title

なるほどー、ダムと堰ってそういう違いなんですね。
なんとなく、大きさかな?って思っていたけど
由乃さんのおかげでよくわかりました^^

鹿か~~~と、じっと眺めて考えちゃったよ^^

おはよう御座います

青空の元 綺麗に撮れて素晴らしいです

こちらの銀杏は昨日前を通りましたら

大分散っていました

週末天気に成ると良いな~

ポチ (^^)/
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス