自由気ままに・・・ 六華苑(ろっかえん)、洋館編

六華苑(ろっかえん)、洋館編

(2017-03-06)


三重県桑名市の六華苑の続きです

和館を見学したので

次は洋館へやってきました

vCoIagGHZXxlmLX1488080783.jpg

洋館の建築は、鹿鳴館の設計で知られる

イギリス人建築家ジョサイア・コンドルによる

木造2階建てでヴィクトリア朝住宅の様式を基調としています

外観の特徴の東北の隅に立つ4階建の塔屋があります

コンドルが描いた当初の図面では

塔屋は3階建だったそうですが

「揖斐川を見渡せるように」との清六の意向で

4階建てに変更されたそうです

gVHdCEbNje32De61488410112.jpg

塔屋の中はこんな風になっていて

4階まで同じ造りの部屋です

(3階、4階は立ち入り禁止で入れませんでした)

1階の塔屋部屋は、来客の控え室になっていて

2階の塔屋(写真の部屋)は、家人の休憩室だったような・・・

無題

洋館入り口の玄関です

重厚な扉の明かり取り

ステンドグラスになってて

とてもおしゃれですよね♪

FuNstz4xMbsUDpb1488432322.jpg

1階洋間(客間)

客人を招いて食事等をしたのでしょうか

どんなご馳走が並んだのか・・・?

想像もつきませんw

Q2lOZpVUg_1WrXV1488409870.jpg

どの洋間にも、暖炉が造られてました



暖炉=お金持ち

そんなイメージが子供の頃からありましたw

KgDX6eyrBRNM3Eo1488431861.jpg

2階洋間(家族団らんの部屋)

vYlR9A7mpEEIuQN1488432153.jpg

2階の洋間には

和風の襖が設けられるなど和洋折衷

押入れの中に収納棚を作り付けるなどの

工夫がなされていました

iWDFVVkhVX3NniN1488431792.jpg

庭園に面して多角形に張り出したと2階のサンルーム

全面窓なので、明るくて快適でした

EnW8bcsebX7Kh7o1488459352.jpg

素晴らしい庭を眺めながら

ロッキングチェアーに座って

読書などを楽しみたいですね

q0u_85uPGydAOth1488432257.jpg

Drp2nKQ81uuSH5K1488459279.jpg

主庭園

建物の南側に位置する

芝生の広場と池を中心とした日本庭園

Sz0IPd8Xt3svi_31488458529.jpg

渓流や滝、枯れ流れなどが巧みに配置されています

当初、池の水は揖斐川と繋がっており

川の干満の変化に合わせて

池の水位が変わる「汐入り庭園」となっていたそうです

Kqh8iG22KDcv7E61488459425.jpg

Sb8944t3mWmRrTM1488459676.jpg

和館の中にあった蔵(1番蔵)のほかに

もうひとつの蔵(2番蔵)もありました



洋館、和館には

それぞれ専用のメイドさん(女中さん)がいましたが

和館の女中さんは、洋館に入ることが許されなかったらしいです

洋館のメイドさんの方が格が上だったようです



どこからどこまでも

贅沢に造られてて

ため息しか出ませんでした














宜しかったら

応援クリックお願いします

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

洋館だけを見ると 日本とは思えないですね
玄関のステンドグラス 可愛い感じで
お洒落で素敵♪
窓が沢山あるので 何所からも眺めが良さそうで
お部屋に居ても明かりが四方から入り良いですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

昔の洋館て味がありますよね
今の作りより素敵ですよね

しかし贅沢ですよねどれだけ富豪なのて思っちゃいますよ
洋館と和館で使用人が違うだなんてね
それに蔵本当にビックリですw~

No title

おはようございます♪
外観もおしゃれですが
中の調度品も立派ですね。
優雅な雰囲気も
魅力いっぱいですね^^
☆~

No title

椅子とテーブルが置かれた空間
ここで会議とかしたのかな〜
のんびりと過ごせそうな空間が
あちこちにある洋館ですね。
応援!

おはよう御座います

六華苑(ろっかえん)、洋館編。。

素敵な写真ですネ

みずもに映る洋館の建物。。

綺麗に手入れされた庭園も素敵です

ポチ (^^)/

おはようございます(^^♪

洒落た洋館で暖炉もあってステキですね。
住んでみたくなっちゃいます。
洋館と和館があるのは
不忍池近くの岩崎庭園のお屋敷と似ていますね。

洋館の方も本当に素敵ですね(^_^)☆
サンルームから素敵なお庭を眺めながらのお茶などは、本当に贅沢な時間ですね(^_^)♪

見に来ていただきコメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★

No title

この頃のお金持ちのびっくりするような建物ですね。
こんなに窓がたくさんあって冬は暖かそうですね。

庭園にもお金が掛けられていますね。


No title

おはようございます。

あちこちに趣向が凝らしてありますね。
洋館って憧れるけど、窓ふきが大変そうだわ(笑)
ステンドグラスのある家も憧れますよね。

応援☆

六華苑

お早うございます。

立派に、造られていますね。

まさに、ため息ものです。

庭園も、たいしたものです。

No title

おはようございます。

洋館のほうの建物の外観がとても
ムードもあって素晴らしいです。
入り口のステンドグラスがとても良いです。
洋館でも和風の部屋もあるんですね。

No title

素敵な和洋折衷館と日本庭園ですね!
現代のコンクリート造りマンションは、
本当に味気ない生活です。
ため息が出ます!

昨晩はお疲れのところ、訪問と応援を
有難うございました m(_ _)m

現在ランキングが2~4位を行ったり来たり
してるので、嬉しかったです ^0^/

No title

暖炉=お金持ち、私もそう思います(^^)

No title

えっ!!??
倉庫が二つあったんですか\(◎o◎)/
お金持ちって保管も大変だったんでしょうね~
そして女中さんにそんな格付け...
女性としてなんか可哀想に思っちゃいました(^^;

こんにちは

洋館 あこがれますよね
今みたいな 自由な服じゃないから
きりっとして ドレスを着こなされてたご婦人たちが
目に浮かぶようです (*^。^*)

No title

お写真を拝見していても、ため息しか出ませんでした
素敵な洋館ですね~
日当たり良好で、お庭が楽しめるサンルーム
ここでにゃんずとのんびり過ごせたら、それだけでパラダイスですよね

メイドさんはいろいろと大変そうですが…

No title

私はなんとなく、シャンデリア=お金持ちのイメージです^^。
それと塔。塔がある西洋館って、それだけで妄想を掻き立てられます。
「塔の上のラプンツェル」じゃないけれど、何か秘密の部屋があるんじゃないか…なんて。
それにしても諸戸清六というお人はたいへんなお大尽だったのですね。
コンドルといえば、それこそその時代一の建築家だったでしょう?
その建築家にこんな豪華なお屋敷を建てさせるのだからすごいです。
今はそのご子孫はいらっしゃらないのかな。

こんにちは♪

素敵な洋館ですね~。
こんな家に住んでみたいです。
メイドさんも洋館のほうが格が上ですか~。。
なんとなく想像できますね。
☆彡応援デス*

No title

洋館、素敵ですね。
当時、4階建てともなると、大変だったろうなと思います。
たくさんの職人さんの技術の結集なのでしょうね。
和館と洋館で女中さんの格が違うって言うのも
驚きました~。

^^

こんにちは。由乃さん。

かわいい洋館ですね。

ロッキングチェア。。といえば、やはり膝の上にニャンコちゃんをのせないと^^。

ぽち。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

外観も内部もお洒落ですね~~
贅を尽くしたと言う雰囲気です。
お庭も綺麗ですね!

No title

月曜日から仕事が山積みで
帰宅が遅くなります。

今日は訪問だけで失礼します。
ああ、週明けから気が重いです(+o+)

応援ぽち

こんばんは☆

庶民丸出しの僕はこんな立派な洋館は憧れどまり^^;
日々の戸締りや掃除も大変だそうし庭掃除なんて超大変そうだし、、でもお洒落☆

No title

素敵~~♪
子供の頃、洋館に憧れていました。
今でこそ、和風建築の良さもわかりますが、
あの頃は、ドレスを着たお姫様に憧れていたので^^

No title

とっても綺麗な水色の壁が素敵。
昔の洋館っておしゃれですよね。
今住むには少し不便なのかなと思うけど
ちょっと憧れちゃう。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス