自由気ままに・・・ 吉野神宮詣

吉野神宮詣

(2017-04-05)

金峯山寺蔵王堂で参拝を終え

気になってたケーブルにも乗れたので

帰途に着くことにしたのですが

49fAdyAqmOK0zkA1491055716_20170402230652245.jpg

吉野山の北西麓付近に鎮座する

近鉄吉野神宮駅の近くの参道から

1Kmほど登った所に建つ吉野神宮の前を通ったので

こちらにも参拝していく事にしました

t8BqpZ3UZ5cj8Wj1491054277.jpg

こちらの鳥居は

神宮の裏手にあたります

WXTmtoAk81qas7e1491054377.jpg

bHqBLAaHC1NG97A1491054506_20170402230656490.jpg

今の時期、参拝者の姿も無く

ひっそり静まった境内には

馬酔木(あせび)の花が、満開に咲いていました

OU1XSb_xg9age_f1491054869_20170402230658092.jpg

xgYkoDKjLs1VgNm1491055622.jpg

神門をくぐると

正面に外拝殿が建ってます

創建は明治で、比較的新しい神社です



明治天皇の意向で,後醍醐天皇を祀られてます

外拝殿から、さらに拝殿を拝む形になっており

拝殿の後方に流造りの本殿が建っています

RlBpp4IlVHX9ySi1491054618.jpg

bNciCiAsF4oes7c1491054691_201704022306563cd.jpg

境内は京都の方角を向き、北向きに建てられていて

朝日を背にする格好になっています

朝の参拝では鳥居も社殿もシルエットになるそうです

総檜造。近代神社建築の代表とされます



本殿・拝殿・神門はかつて後醍醐天皇が

京都の御所へ帰還される事を熱望されていた心情を汲んでいます

72eIVfemYBVUJZI1491055213_20170402230656e0d.jpg

手水舎

ZxWPKVo1HvkNiYN1491054976.jpg

境内には、フキノトウも咲いていました




吉野へのドライブ

桜の時期を外して行ったので

人もまばらで、のんびりゆっくり散策でき

(階段は)疲れましたが

達成感も味わえて、とても楽しく過ごせました

(自宅から約3時間です)

また機会があれば、何度でも行きたい場所になりました














FC2ブログランキングに参加しています

宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

自宅から約3時間掛かると
チョットした小旅行って感じでしたね
往復6時間 帰りは 眠くなったのではないですか?
ご主人と 455段の階段の事や 触れるケーブルの事など 
色々会話が弾んで疲れたけど楽しかったねぇ~と 会話しながらで
眠くならなかったかな?

No title

3時間かける価値はありますよね
素敵ですもの
桜の季節楓の季節行ってみたくなりますよね

吉野神社も歴史を感じる場所ですね
さすが吉野天皇ゆかりの場所ですものね

この花が馬酔木ですか
どんな匂いなんでしょうね

おはよう御座います

馬酔木の花。。まだまだ元気なんですネ

綺麗に撮られています 素敵です

さくらが満開に近く成りました

もう一度 違う場所に行って見ますね

ポチ (^^)/

No title

馬酔木、とってもきれいですね♪
楽しく過ごせてよかったですね(^^)

No title

おはようございます♪
吉野神宮
風情がありますね。
静かな時間が流れるのを
感じます(*^▽^*)
☆~

三時間かけて出かける価値のある素晴らしいところですね☆★
歴史を感じ、色々なものを感じられる素敵なお出かけになりましたね(^_^)☆

見に来ていただきコメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★

No title

遠出のドライブ、お疲れ様でした。
最高の場所だったようで、良かったですね!
吉野神宮の佇まいもさることながら、
境内のアセビやフキノトウも素晴らしいです!
神社は、背筋の伸びるような、凛とした
雰囲気が好きです。

No title

おはようございます♪
今日は朝から出かけてきますので
応援のみで失礼させていただきます。
夜にゆっくり拝見させていただきます。
いつも、ありがとうございます。
☆彡応援デス*

吉野神宮

お早うございます。

立派な神社です。

ここは、、行ったことがありません。

馬酔木が、綺麗に咲いて咲いていましyたね。

No title

おはようございます。

神宮の裏手の馬酔木がとても綺麗です。
白い物と、少し赤味がかっている2種類
有るようですね。
フキノトウも石の隙間から力強く頑張って
居ますね。

No title

時期を外していかれたから見られた様子ですね。

立派な吉野神宮ですね。
桜の頃になると帰りの道も大変ですものね。

何度か行きましたがいい時は少ないです。

No title

おはようございます。

アセビの花は形が可愛いですよね♪
アクセサリーにしたい^-^

今日は時間がないので簡単でごめんなさい。
応援☆

おはようございます(^^♪

吉野の桜の時季はもの凄い人出で賑わうのでしょうね。
観に行ってみたいな~。
吉野神宮も歴史があって立派ですね。
馬酔木(あせび)の花は小さな花が集まって咲いてキレイですね。
うちにも一鉢ですが ちょっとだけ咲いています。
素朴なフキノトウ花、フキノトウは ふふふ、フキ味噌が好きです。
温かいご飯のお供にピッタシです!

No title

馬酔木の名前は知らなかったのですが、母が好きで
見覚えがあります(^-^)
京都の御所へ帰りたくて京都の方向を向いている...
理由を知るとまた違った見方が出来ますね

No title

桜の時期に訪れたら
歩けないほどの人で
進めないのでしょう。
この時期にして良かったですね。
応援!

No title

吉野神宮は シンプルだけど荘厳な感じがします
朝日を浴びたシルエット、きっと神秘的なのでしょうね
馬酔木の花とフキノトウが綺麗ですね~

四季折々の景色が楽しめますね
今度行かれるのは新緑の季節かしら?

こんにちは

3時間 途中 休み休みの運転だと
もっと かかるかもね
朝早く 出かけられたら 日帰り旅行で
楽しめますね

No title

馬酔木は小さいのが実家の庭にも植えてありました。
一つ一つの花はスズランみたいな形で可憐なのだけれど、びーっしり咲いていると、ちょっと気持ち悪かった…。
同じ形の小さいものが大量にあるというのが、子供の頃は苦手でした。
後醍醐天皇を祀るというのは、祟り神を鎮める意味があったと思いますが、北向きに境内を建てるというのは、北が鬼門でその鎮護のためもあるのでしょうか。
「朝の参拝では鳥居も社殿もシルエットになる」というのは神々しいですね。

^^

こんにちは。

馬酔木かわいいです。

鬼の霍乱です。

明日ゆっくりおうかがいしますね。

ぽち

No title

後醍醐天皇の祟りを恐れた明治天皇が
勅令で作らせたのですね。
毒になる馬酔木もここでは毒抜きに
なるのかしらね。

高速で3時間だと相当な距離ですよね。
うちからだと距離は短いけど渋滞で
その位かかる場所はたくさんあります(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

これから下の千本から順に
桜が咲いていきますね。

この週末はすごい人でしょうが
天気予報は雨なんですよねぇ(T_T)

応援ぽち

こんばんは

境内も広く、階段も厳しい場所、
見応えのある神社ですね~~
見せて頂き、嬉しいです♪

こんばんは☆

あのお花、馬酔木と言うんですね、、メモっときます^^
静かな吉野も良いですね☆

No title

馬酔木の花がたわたで綺麗ですね。
自宅から3時間はお出かけには良い距離かも。
そして時期によっては色々見ごろな花たち。
これからも楽しみが増えますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

小さなスズランかな?と思ったら
馬酔木って言うんですね~
鈴なりできれい^^

吉野神宮は、歴史を感じる佇まいですね!

フキノトウ、この位の大きさだと可愛い♡

吉野神宮

ふきのとうだぁ~~~!!!!
いいですね、春を感じます。
あせびという植物、知りませんでした。でも見たことはあります。
これから、沢山の木々やお花が咲き始める季節ですね。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス