自由気ままに・・・ 斎王まつり・・・斎王群行 平安絵巻(2)

斎王まつり・・・斎王群行 平安絵巻(2)

(2017-06-10)


Mq3Y_wqHddBauUy1496751174.jpg

斎王が都に居る父(天皇)に送る

手紙を読むシーンです

IMmnc_PBh9ivg1A1496751089.jpg

古典の言葉では意味が分かりませんから

現代の言葉に訳されて読んでいましたw



儀式が終わったら、次の会場(斎宮歴史博物館)へ

群行が続きます

3uWo5PwtUIWllBB1496751332.jpg

正面から群行が見れる場所をゲットしました

BxAbp3NQN2FqNju1496751497.jpg

当時の人たちは

でこぼこ道や山道を、5泊6日をかけ

京の都から、三重の斎宮へと歩いたのです

MzXou1ah_zfAAoz1496751666.jpg

軽装で舗装された道を歩くのも

しんどくて大変なのに

このような装束で何日も歩く事が

どんなに大変だったことか・・・

L_k6jJdthy_Hbnw1496752056.jpg

想像もつかないです

もう行きたくない!って気持ちの人も居たでしょうね

7PormcAWTsznXLG1496751895.jpg

斎王が乗る葱華輦は

当時は人が担いでました

乗る人、担ぐ人・・・どちらも大変だったでしょう

(このお祭りには、外国の方も参加されていました)

GYg4mIhTxNJlkEP1496752412.jpg

斎王に続いて

子供達の群行です

ryPNKLdH4ghSFWw1496752146.jpg

この群行に参加できて

素敵な思い出になったでしょうね



お爺ちゃんが、お孫さんの晴れ姿を撮ろうと

正面から、「○○、こっち向いて」って声を掛けると

「もう~恥ずかしいやん!」って言ってました

微笑ましい一コマでした

DG0PywI13Wz6pAx1496752300.jpg

この女の子は

子供斎王に選ばれた子です

S7L0NVgSiuicdjo1496752507.jpg

観客の注目を浴びて

ちょっぴり緊張の面持ち・・・

その姿が初々しくて可愛かったです



群行はこの後、最終地の斎宮歴史博物館へ向かいましたが

管理人は、暑さにしんどくなって帰る事にしました

平安ロマンを少しでも感じれて満足して帰ってきました



駐車場までの道のり、炎天下の下の道を

しんどいわぁ・・・と思いつつ、トボトボと歩いてると

先を行く相方が「猫がいる」って言うので

すっ飛んで行きました(猫=元気の源の管理人ですw)

EzEblJxxA0J3vgy1496752596.jpg

道路脇の植え込みの木の下に

サビ猫さんが佇んでいました

wetWGW7UTN9srN_1496833228.jpg


大きく見開いた、びっくりまなこの猫さん

可愛すぎる~~

写真を撮ろうとカメラを向けると

にゃぁ・・・って鳴きながら、カメラ目線をしてくれました

愛想が良くて、もう少し時間があったら

仲良くなれたかもしれませんが

車の往来の激しい道だったので

ゆっくり写真に撮る事を諦め、さよならしてきました














FC2ブログランキングに参加しています

宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

斎王まつり。。。 炎天下の中の斎王群行
群行されている方たちも 見物されている方も暑かった事でしょうね
皆さんにお疲れ様って言いたいです
お天気が悪いよりは 晴れて喜ぶべきですが
あまりにもお天気が良すぎても 大変ですものね
でも 由乃さんのお陰で 斎王まつりを
拝見する事が出来ました
珍しい物をありがとうございました

No title

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。

ちょっとした歴史ロマン、伝わってきました。
ありがとうございました。

応援ポチ♪♪

No title

(´∀`*)ウフフ可愛い
サビ猫さん

斎王も寂しかったでしょうね
華やかな都からですものね
ましてや子供じゃ~~ね

No title

おはようございます♪
京都から三重まで
当時は道路も舗装されていないし
大変なことだったでしょうね。
可愛いネコちゃん
カメラ目線も微笑ましいですね(*^▽^*)
☆~

斎王群行

お早うございます。

斎王も可愛いですが、ニャンコ達もかわいいにゃあ。

みかんもさびているがにゃ。

No title

参加されたみなさん、いい思い出になったでしょうね。
特に子どもたち、頑張りましたね♪
子供斎王に選ばれた子、かわいいですね~☆

No title

居ながらにして、平安ロマンが伝わってきました ^0^/
お祖父ちゃん、お祖母ちゃんにとって
たまらないシチュエーションですね。

斎王が父に送る手紙の内容が
どんなものであったか、興味津々です。
~☆

昔の人たちはこうして歩いて移動されたのですもんね。
大変ですが、こうした行列も華やかでとても素敵ですね(^_^)☆

お目が印象的な可愛らしい猫さんですね♪

見に来ていただきコメントをありがとうございます☆
今日も感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★

No title

斎王祭り緑の中でとても衣装が綺麗でいい写真が
撮れましたね。
確かに車が付いていますね~
それに外人さんも参加されていて・・・

子猫ちゃん、ほんと可愛いですよね。

すばらしい行列ですね。

いい場所に陣取って撮影できたのですね~。
斎王が父である天皇に宛てたお手紙は
どんな内容だったのでしょうか。
京都から明和町まで5泊6日もかかったのですね。
これ以外に荷物もたくさんあったかと思います。
天候だって寒かったり、暑かったり、雨や雪や風の強い日も
あったことでしょう。
斎王はじめ、お付の人たちははどんな気持ちで
伊勢に向かったのでしょうね~!?
子供斎王というのもあったのですね。
かわいいです♪

No title

傘にベールのような布がついているものを被っている女性の姿、子供の頃に読んだおとぎ話の絵本を思い出しましたよー。
優美な姿だけれど、初夏のお祭りとしては、参加するの大変でしょうね。
私なんか、途中で絶対へたる…;。
でも、子供時代にこういう行事に参加したというのは、貴重な思い出と共に故郷を誇れる気持ちになるんだろうなー。

こんにちは♪

時代が変わっても
このように当時の様子が見られるのは
良いですね~。
参加された皆さんも、良い思い出の1つに
なったことでしょう。
☆彡応援デス

こんにちは

準備とか 予行練習とか 大変だったでしょうね
この後の 衣装とかクリーニング代とか
主催者の寄付集めも 大変だったかも
下世話なもので ついそっちへ 思考してしまいます ('◇')ゞ

No title

平安時代の末期
後白河上皇なんて
今日の都から熊野に
34回も行ってるんですよねぇ。

お供する人達は
うんざりだったでしょうねぇ。

応援ぽち

No title

斎王祭りはホントに衣装が豪華で美しいですね~♪

女性だったら参加できたことはすごい記念になっていいかも!(^^)!

猫ちゃんかわいいお顔~

^^

こんにちは。

ちびっこ斎王さんもかわいいけれど。。

ごめんなさい。。にゃんこの方が。。かわいい。。。

^^^^^^^;;;;;;、。

ぽち。

No title

暑い中でのお祭りは大変だったと思います。
衣装だけでも重くて、しんどいでしょうね。
けれども、とっても貴重で素晴らしいお祭りですね!

運営されている方たちも大変だったと思います。
お蔭で皆さん、良い思い出を作る事が出来たでしょうね~
ずっと伝えていって頂きたいですね!
ほのぼの~拝見させて頂きました。

めっちゃカメラ目線の猫ちゃん!カワイイです(*^_^*)
さすが~由乃さん!

No title

こんばんは~
斎王に続いて子供達の群行も可愛いですね~
びっくりまなこの猫ちゃんもいいな~(^^)
P

No title

昔はプチ氷河期だったけれど
今よりも少し気温が低い程度だったから
暑いことは暑かっただろう。
しかし、今の様にこの時期に夏日になる事が
無かっただろうから
この様な服装でも出来たんだろうな。
応援!

No title

斎王さまの行列、すごく大がかりですね。
おっしゃる通り、当時は今より大変だったことでしょう。

にゃんこ、お目目ぱっちりで可愛い~^^

No title

こんばんは。

文明の進化で、一番の功績は乗り物かもしれませんね。
炊飯器も電子レンジも洗濯機もどれも大事だけど、徒歩と馬しかないとなると・・・恐ろしい(笑)
あたしなら100m歩いた時点でもう嫌だと言うと思いますww

応援☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス