自由気ままに・・・ 輪中の水屋

輪中の水屋

(2017-08-06)

木曽三川公園の中には

輪中特有の「水屋(みずや)」と呼ばれる

輪中の農家の模型が建っています

WtTD_bZ1Ot9O2UU1501507204.jpg

輪中(わじゅう)とは

集落を洪水から守るために周囲を囲んだ堤防

また、堤防で囲まれた集落や、それを守るための水防共同体のこと

mnEJZmOPPOqZ5eC1501507329.jpg

岐阜県南部と三重県北部

愛知県西部の木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)と

その支流域の扇状地末端部から河口部に存在したものが有名です

z_BxlFDTTvXZswQ1501589380.jpg

これが石垣を高く積んで建てられた

水屋の建物です

_X86afhy80eT3DV1501589084.jpg

水屋は輪中地域に見られる独特の建物で

堤防が壊れると洪水になります

入ってきた水は堤防が元通りになるまで出すことがきません

短くても数ヶ月、長ければ2年という記録も残っています

その間、いつも住んでいるところも水に浸かってしまい

寝ることも生活することもできません

lWqjD1p7eEt8TMR1501508019.jpg

そこで長い間、避難生活をするための水屋が作られました

現在の水屋は、(↑写真のような)石垣を積んだ上に立っていますが

古いものは石垣を積んでいなかったそうです

QbG4j4PoO0ekVy11501589173.jpg

これは長島など川の河口にできた輪中は

土と砂だけでできているから

石垣を積むような石がないというだけの問題ではなく

輪中内では、ほとんどすべてが田であったため

木が生えておらず、米をたくための燃料や道具にするために使う木は

土を高く積み上げて植えなければならなかったからだそうです

2wVuZNIdZPisWDn1501507553.jpg

上げ仏壇の模型です

hCFX1uMQa98tKpx1501507664.jpg

洪水が起こった時、大切な仏壇を洪水から守るため

二階の天井が外れるようになっていて

二階の梁から滑車で、仏壇を上にあげる仕組みです

7EAjPhlfExryMS21501507763.jpg

素晴らしい知恵ですね

LE5EtOGpztDaPD31501848860.jpg

大好きなルリマツリが咲いていました













FC2ブログランキングに参加しています

宜しかったら

応援クリックお願いします
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

お家の模型 良く出来ていますよねぇ~
子供じゃないけど こう言う模型欲しいなぁ~
子供の頃の雰囲気のお家を作りたいです
こう言うお家が恋しくなってきたのは
年を取った証拠でしょうか。。。

No title

仏壇を吊るしのは
面白かったです。
今も昔も水辺は洪水の心配があったんだな
それでも人はその地に住むんだなってね。
応援!

No title

上げ仏壇とww
ビックリ洪水の時用なんですね
大切にしていたのですね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます♪
洪水は生活に支障が出ますもんね。
いろいろ工夫された生活
素晴らしいことですね(*^▽^*)
☆~

No title

先人の知恵なんですね。
大きな川の近くでは洪水はよく合ったのでしょうね。

2階に吊るしてあげるなんてすごいですね。

ルリマツリの色が私も好きです。

No title

長く木曽三川公園に行ってないですねえ。
輪中ユニークという水屋を初めて見た時には
古から洪水に悩まされていたエリアのひとたちの
ご苦労が判ったような気持ちがしましたね。
なばなの里と違って無料の木曽三川公園・・・
愉しめますね。

No title

上げ仏壇、知らなかったです。ほんとに素晴らしい知恵ですね♪

輪中

お早うございます。

ずいぶん前ですが、ここに行きました。

先人たちの知恵が、こもっていますね。

今週も一週間ありがとうございましたm(__)m☆
まだ変わらない状況なので、このようなコメントで申し訳ありませんが、失礼いたします。
今日も変わらずですが、感謝しながら応援クリックさせていただきました☆★

こんにちは

輪中に住まわれてる方々
噂によれば 免税があるとか
それだけ 危険なんでしょうね
でも ご先祖様もいらっしゃるし
住み慣れた所を 離れたくないのも
理由なんでしょう・・・か

おはようございます♪

やはり昔から洪水の被害はあったんですね。
色々と知恵があり、素晴らしい事ですが
今の世にすると、上げ仏壇など
備えてるお宅はあるのでしょうか。。
皆さん、2階があっても、仏壇は
1階の和室に置いてありますもんね。
☆彡応援デス

No title

こういうのを先人の知恵というのでしょうねー。
水屋の考え方って現代でもアレンジすれば使えそうな気がします。
今夏は九州、東北、北海道とほとんど日本全国で何10年に一度の降水量とかいうのが続いていますし。
関東も先週駅舎の屋根が雨で抜けたり、電車の中に雨水が入ってきたりと今までなかったことが。
やっぱり歴史に学ばないと、ですね。

No title

こんにちは。
色々と昔の人は考えたんですね。
あげ仏壇とは良く考えたものです。
それだけ祖先を大切にされたんですね。

輪中

うちの母の実家は長島です。
祖父は教職をリタイアしたあと、郷土史家として
輪中についての本を出版しています。
長島では、丸い石垣の家をよく見かけます。
吊るし仏壇は見たことがありませんが、一向宗の土地柄、仏様を大事にしているのがよく分かりますね。

こんにちは

昔の人の生活の知恵、素晴らしいですね~
僕は全く知りませんでした。
教えていただき、ありがとうございます^^

お見事!

上げ仏壇をはじめ見事な知恵ですね

これも考え方ですが こうする前に
川の改修が必要ですね。
今はそうしてるのでしょうか?

No title

こんばんは。

そちらは商人の町だけあって、町並みもいいし、見学どころが沢山ありますよね^-^
うちの方はほんと田舎なんだと実感(´・ω・`)

応援☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

中学校の社会の授業で
輪中って習いましたねぇ。

先ほど親睦旅行か帰って来ました。
台風がやたらとゆっくりなので
雨に遭うことは無かったのですが
明日は暴風雨になりそうですね。

明日は仕事から無事に帰宅できるか
心配でなりません。
皆さんもお気を付け下さいね。

応援ぽち

No title

こういう建物とか、子どもの頃は全く興味がなかったのに、
大人になってからは、すごく興味深く見るようになりました。

というわけで、お写真に写っている説明にも興味津々です!

No title

昔は堤防が壊れたら、すぐに修復は難しかったのですね。
ただの洪水だけでも相当な被害。
それが水が引くまで数カ月から年単位。
りっぱな水屋があったとしても、
食べ物の農作物は作れないから生活は
大変だったのでしょうね。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC☆2ランキング
FC☆2ランキング参加しました
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

由乃

Author:由乃
動物、自然が好きです♡
色んなところに行って、写真を撮ってアップしています
ダムが好きなので、ダムの撮影もしています
また、職場にやってくるイケニャン君の様子を
面白おかしく紹介しています
最近はソックスアニマル作りにもはまってて
色んな動物を作って楽しんでいます
宜しかったら覗いてみてください

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
くろねこ時計
FC2カウンター
リンク
最新記事
blogram.jp
blogram.jp
ブログランキングならblogram
グリムス